ごあいさつ

臨床試験の内容

京都大学泌尿器科では、過活動膀胱に対し認知行動療法の有効性を検証するため、臨床試験(ランダム化比較試験)を行っております。

本試験に先かげて行われた試験(パイロット試験)は安全に行われ、効果も示すことができました(パイロット試験の結果はこちら)。

 

対象は20-80歳の女性で過活動膀胱の方です。

 

認知行動療法として、

30分間/回 毎週 合計4回」の治療プログラムを行います。

 

試験中は尿検査・血液検査などは行いません。タブレットによる質問に答えていただきます。試験期間は3ヶ月間です。

 

すべて来院していただいた方には、最大で3,000円分のクオカードをお渡しいたします。

 

新型コロナウイルスの感染対策として、オンラインでの実施にも対応しております。

 

 

研究の流れ

 

臨床試験登録情報

 

本研究は、京都新聞毎日新聞に掲載していただきました。

 

本研究の研究計画書が論文に投稿されました(詳細はこちら