ごあいさつ

過活動膀胱とは

トイレが我慢できない」、「回数が多い」、「夜中トイレで目が覚める」、「我慢できず漏れてしまう」などの症状を持つ病気です。

 

現在日本では、10人に1人が症状を持つとされ、年齢とともに増加し、70歳以上の方では5人に1人が悩まれています(下図)。

 

J Urol OAB nagahama.jpg

 

<原因>

過活動膀胱のタイプは、神経因性非神経因性に分けられます。

神経因性過活動膀胱とは、明らか神経疾患があり、それが原因と考えられるタイプです。膀胱の働きを調整している神経は、脳神経・脊髄神経・末梢神経がありますが、どれが障害されても過活動膀胱の原因になりえます。

 ・脳神経の障害:脳梗塞、脳出血、パーキンソン病など
 ・脊髄疾患の障害:脊髄損傷、多発性硬化症など
 ・末梢神経障害:糖尿病など

 

非神経因性過活動膀胱は、上記のような神経疾患がはっきりしないタイプです。多くの場合がこちらのタイプになります。その背景には高血圧・糖尿病・肥満などの生活習慣病や加齢があり、それによる膀胱の血流障害、自律神経の亢進が過活動膀胱を引き起こすと考えられています。

 

その他男女特有の原因として、男性は前立腺肥大症、女性は女性ホルモンの低下骨盤底筋が弱ることなども考えられています。

 

<治療>

行動療法、②内服治療が早期の治療として推奨され、改善しなければ、③神経変調療法、④ボツリヌス毒素治療などが行われることもあります。

 

行動療法

生活指導、膀胱訓練、骨盤底筋体操などを含めた治療です。

生活指導として、減量・運動・禁煙・食事制限・飲水制限などが行われています。

膀胱訓練とは、「トイレに行く事を我慢してもらい、排尿の間隔を伸ばす事で、症状を改善する方法」です。徐々に間隔を伸ばし、最終的には2〜3時間ごとの排尿間隔を目指します。

骨盤底筋体操とは、弱った骨盤底筋を鍛える運動です。海外の報告では、集団指導による効果も良好であったとの報告もされています(詳細はこちら)。

行動療法は副作用も少なく、ガイドラインで推奨されている治療ですが、誰が・どこで・どのように指導するか、明確に決まっておらず、現時点では十分な提供をできていないと思われます。

 

内服治療

現在国内での治療は、内服治療を中心として行われています。種類としては、抗コリン薬β3アドレナリン受容体作動薬があります。作用部位が異なりますが、どちらも膀胱の過剰収縮を抑え、症状を改善させる効果があります。

抗コリン薬は歴史も古く、多くの臨床研究が行われ効果・安全性が認められています。ただし副作用として口が乾く、便秘などを認めることもあります。

β3アドレナリン受容体作動薬は2011年から使用された薬です。抗コリン薬と作用機序が異なり、口渇や便秘などの副作用も少ないとされています。

 

参考資料:過活動膀胱診療ガイドライン【第2版】